トップ 公社のご案内 下水道のしくみ 下水道Q&A 施設見学お申込み お問い合わせ サイトマップ
新着情報
◆ 新着記事 ◆
No. 00415 作成者: 高橋義博 日付: 2015年08月12日
ぐるり水の探検を開催しました。

7月25日(土)に開催しました「ぐるり水の探検」は、32家族69名の参加があり、水がどのように使われているのかを通して、水の大切さや下水道の役割について親子で楽しく学習しました。コースは、湯梨浜町にある東郷ダムから始まり、倉吉市の円谷水源地、そして下水処理場の天神浄化センターでした。
東郷ダムでは、主に農業用水に使用されており、渇水対策、東郷池周辺の浸水対策にも役立っていることの説明がありました。また、ダムの下のトンネルに入るととても涼しくて、夏の暑さを忘れるようでした。
円谷水源地では、子どもたちはほとんどが見たことがない手押しポンプで水をくみ出すことや水道管の仕組み、施設の概要などの説明があり、みなさんに大変興味を持っていただきました。
最後に天神浄化センターでは、みなさんが使った水がどのようにきれいになるのか施設の説明や見学、処理した水とみそ汁やしょうゆを薄めた水などの汚れを比べる実験、小さな微生物を顕微鏡で観察しました。観察では、いろいろな微生物を見つけることができて、とても喜んでいました。
この事業では、環境学習の一環として、限りある資源としての水の大切さ、正しい下水道の使い方を認識されたようです。


ぐるり水の探検(写真)
 

記事リストへ
   
 
当WEBサイト掲載の文章や写真イラスト等の著作権は公益財団法人鳥取県天神川流域下水道公社に属します。
無断転載は禁止いたします。